ボットを活用してみよう!【強制退出ボット】

みなさんこんにちは、トラストバンク パブリテック事業部 カスタマーサクセスチームの原田です。

今回は、メンバーを間違えてトークルームを作ってしまった…!というときに使える【強制退出ボット】についてご紹介します。

 

強制退出ボットとは?

強制退出ボットを使うと、指定した人を退出させたり、トークルームを解散させることができます。

※ボットご利用には事前にお申し込みが必要です。

こんなときに使える☞

トークルームに誤ったメンバーを招集してしまった時やメンバーが変更になった場合、本人にトークルームを退出してもらう必要がありますが、強制退出ボットを使うことで、間違えたメンバーを退出させることができます。

また、トークルームに参加している全員を退出させることもできるので、役目を終えたトークルームを整理したいときにも便利です。

メンバーを退出させる方法

①退出をさせたいユーザーがいるルームを選択

②ボットをトークルームに追加

[…]をクリック→[+]ボタンでトークメンバーの追加

強制退出ボットを選択→トークメンバーに追加

 

f:id:harada_publitech:20200903203541p:plain

 

f:id:harada_publitech:20200903203302p:plain

 

③強制退出ボットを追加すると自動で下記のメッセージが表示されるので、[指定ユーザーを退出させる]をクリック

 

f:id:harada_publitech:20200903203638p:plain

 

④自動メッセージに従い退出させたいユーザーを「@」で呼び出し、[送信]で退出完了

 

f:id:harada_publitech:20200903203748p:plain

 

f:id:harada_publitech:20200903204118p:plain

 

ルームを解散させる場合

ボットを呼び出した後、

①[全員退出させる]

②[実行する]

と選択すると、そのトークルームを解散させることができます。

☞最初の自動メッセージが埋もれてしまった場合、「へるぷ」と発言するとまたメッセージが現れます。

 

うっかり必要なメンバーを退出させないように注意して…ぜひ使ってみてください!

▼ボットお申込み方法▼

強制退出ボットのお申込み方法については、トラストバンクもしくは販売パートナーにお問い合わせください。 ※一つのボット使用につき1アカウントを消費します。