ボットを活用してみよう!【メモ帳ボット】

みなさんこんにちは、トラストバンク パブリテック事業部 カスタマーサクセスチームの原田です。

今回は、私も日々使いまくっている【メモ帳ボット】についてご紹介します。

 

メモ帳ボットとは?

メモ帳ボットと自分だけのトークルームを作り、メモ帳、タスク管理、ナレッジの蓄積、備忘録として使うことができます。

※ボットご利用には事前にお申し込みが必要です。

使い方いろいろ☞

 ・出先で忘れたくないことをサッとメモ

・セミナー資料の写真を撮って記録を残せる

・スマホで現場で撮った写真をLGWAN端末へ簡単に送信

・業務振り返りのために日報として活用

・備忘録やよくある問合せをメモ

・これいいな!とふと思った時にアイデア入力

 ・後で読み返したいファイルの保存

・入力できない状況下では音声メモでテキスト化

メモ帳ボットの使い方

①「トークを始める」をクリック

②「メモ帳ボット」を検索し、トーク開始

[…]をクリック→[+]ボタンでトークメンバーの追加

メモ帳ボットを選択→トークメンバーに追加

 

f:id:harada_publitech:20200904131825p:plain

 

※メモ帳ボットは1:1のペアトークのみで利用できます。グループトークで使おうとすると以下のメッセージが表示されます。

 

f:id:harada_publitech:20200904131902p:plain

 

自動でメモ帳ボットからメッセージが届く

これで自分だけのメモ帳として使えるトークルームが誕生しました。自分が必要だと思ったことをどんどん書き溜めましょう!

 

f:id:harada_publitech:20200904132349p:plain

 

メモ帳ボットとのトークルームは、お気に入り登録しておくと便利です!

 

f:id:harada_publitech:20200904132607p:plain

 

iOSモバイルアプリだけの機能

iOSモバイルアプリでは、音声入力や手書き入力といった機能も使うことができます。

 

f:id:harada_publitech:20200904195937p:plain

f:id:harada_publitech:20200904195948p:plain

 

私はメモ帳ボットのノートで、チェックボックスを使って自分のタスク管理をしたり、情報収集のために読みたいWeb記事のURLを溜めて置いたり、よくあるお問い合わせに対する返答をメモしておいたり、達成する目標を書いておいたりと、かなりヘビーに使っています!

ぜひみなさんも自分だけのメモ帳ボットの使い方を見つけてみてください!

▼ボットお申込み方法▼

メモ帳ボットのお申込み方法については、トラストバンクもしくは販売パートナーにお問い合わせください。 ※一つのボット使用につき1アカウントを消費します。