さらに便利に使いこなす!7つの機能【アクションスタンプ】

こんにちは! トラストバンク パブリテック事業部 カスタマーサクセスチームの原田です。LoGoチャットの7つの便利機能についてお伝えする本シリーズ、今回は簡易的なアンケートをスタンプでトークルームに配信できるアクションスタンプについてご紹介します!

 

【アクションスタンプ作成方法】

メッセージ入力欄左下の四角いマークから、アクションスタンプを作成することができます。

 

f:id:harada_publitech:20200901184038p:plain

 

アクションスタンプは3種類あり、用途に合わせて使い分けることができます。

 

①Yes/Noの2択の回答が可能な「Yes/No」

②複数回答が可能な「セレクト」

③作業やタスクの完了報告に使う「タスク」

 

f:id:harada_publitech:20200831205933p:plain

 

画面右上部の[アクション]というタブを押すと、トークルームに投稿されたアクションスタンプの回答状況や結果を確認できます。

 

f:id:harada_publitech:20200831205948p:plain

 

 

こんな風に使える☞

添付ファイルとともにアクションスタンプを使うことで、回覧文書の閲覧状況の確認や、簡易決裁を行うこともできます。

 

f:id:harada_publitech:20200831210008p:plain

f:id:harada_publitech:20200831210017p:plain

 

保存年限のある決裁は難しいですが、課内で課長に確認する簡単な決裁などでお使いいただけます。

お昼に注文するお弁当の集計をアクションスタンプで行っていますとおっしゃっていた自治体様もいらっしゃいました!

 

これまで、紙の調査票や直接ヒアリングして回答を作成していた各種調査やアンケートについて、アクションスタンプ機能を活用すれば、

①回答が迅速化

②結果を一覧で確認できる

③確認漏れを把握できる(未読既読確認機能)

③ペーパーレス化(紙の削減)

といったメリットがあります!ぜひ色々な場面で活用してみてください!